厚生労働省が葉酸摂取を推奨しています

厚生労働省が妊婦にオススメするサプリメントとは?

葉酸サプリ摂取は厚生労働省も推進している

妊娠中の葉酸サプリの摂取を厚生労働省が推進するようになり、多くの方が葉酸の存在を認識しています。

妊娠可能な年齢の女性には、神経管閉鎖障害の発症リスク低減のための葉酸の摂取が推進され、母子手帳にも葉酸の摂取をオススメするということが記載がされるようになりました。

「葉酸摂取に関する勧告」もあり、葉酸の必要性を正式に発表されていますので、葉酸不足にならないよう適正な摂取量を手軽に摂る事ができる葉酸サプリメントでリスクを低減するよう心掛けてみましょう。

通常の食事から摂取しようと試みる方も多いのですが、充分な葉酸の摂取は食事だけでは困難だと言われていますので、栄養補助食品で効率よく摂取する事が推進されるようになっているのです。

厚生労働省は栄養補助食品に頼るべきではないと言いながらも、矛盾している点があったりするのですが、妊娠中は悪阻で食べられないという事もありますし、葉酸が不足すると胎児の発育に影響するというような事があるため、体内でしっかり吸収してくれる葉酸サプリが認められるようになっているわけです。

食事とサプリの両方で同じ量の葉酸を摂取しても、サプリの方が体にしっかり吸収できるということもわかっていますので、二分脊椎などの神経系の障害のリスクを低減させるためにも、今から葉酸をしっかり摂取するようにし、妊娠した時に焦って摂取しなくてもいいという状態にした方が安心です。

妊娠してからの摂取は遅いといわれることもありますが、可能であれば妊娠する1ヶ月以上前からの摂取が推進されていますので、妊活中からの摂取をオススメします。

男性も葉酸の摂取が必要

精子の影響で染色体異常を起こし、奇形児が産まれてしまうこともあるようなので、男性も一緒に葉酸を摂取してリスクを低減する事が必要です。

葉酸摂取でリスクをゼロにする事はできませんが、【予防】する事はできますので、積極的に取り組んだ方がいいとされています。

健康的な男性でも染色体異常を起こす可能性がある精子を持っていると言われています。男性の食生活が関係するなんて考えもしなかったんじゃないでしょうか?

男性の葉酸摂取量も精子の質に影響を与えるというのは研究済みですので、男性にとっても効果のある葉酸はとても重要なものと言えるのです。精子を健康にする事によって、受精の可能性も高くなるわけですから、これから子供を作る予定がある男女は積極的に葉酸サプリを摂取するようにして下さい。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ