妊娠中・授乳中に不可欠な葉酸

葉酸は、細胞分裂に必要な栄養素で赤ちゃんの体の発育に不可欠なため、妊娠中はもちろん、授乳中にもしっかり摂取しましょう。
妊娠中に葉酸が不足すると、赤ちゃんの発育に影響が出るばかりか、無脳症や二分脊椎を引き起こす神経管閉鎖障害などの先天性異常のリスクが高まる可能性が指摘されています。
そして授乳中にも、母乳を通して赤ちゃんに葉酸を与えることによって発育をうながすことができますし、葉酸は母乳のもとである血液を作り出すのに重要な働きをするため、母乳の量と質を上げるのに役立ちます。

また、葉酸はホルモンバランスを整える効果もありますので、産前と産後のホルモンが大きく変化する時期にしっかり摂っておくと、ホルモンバランスの失調による産後うつや産後脱毛、むくみなどの症状を抑える作用があります。
授乳中は栄養が母乳として出ていくので、意識して葉酸を摂るようにしてください。

さらに葉酸は、その細胞分裂サポート効果により、出産によるダメージを受けた子宮を早く回復させるのに役立ちます。
そして出産で大量に失われた血液を作るのにも葉酸は必須ですから、葉酸を充分に摂取することで産後の肥立ちにも好影響をおよぼすのですね。
お母さんの体が回復し健康でいることは、慣れない育児を元気に乗り切るためにも大事です。赤ちゃんのためにも、お母さんのためにも、葉酸不足にならないように注意しましょう。

このように、産前産後の体に重要な意味を持つ葉酸ですが、妊娠中と授乳中では必要な摂取量も違ってきます。妊娠中では400μg、授乳中では280μgは摂るようにしましょう。
上限量は1000μgとされていて、これを超えるとむくみや吐き気、発熱、かゆみ、呼吸障害などの葉酸過敏症を引き起こす場合があります。
葉酸は吸収率がそれほど高くありませんし、水溶性ビタミンのため多く摂ると尿と一緒に排出されるので、少し多めに摂るくらいなら心配はいらないのですが、過剰摂取状態が続くと危険です。
特に妊娠後期の過剰摂取は、赤ちゃんのアレルギーリスクをアップさせてしまう可能性がありますので、気をつけてください。

過剰摂取を予防するためには、食事によって摂取するように心がけ、サプリメントは補助的に使うようにしましょう。
葉酸が多く含まれる食品は、レバーや緑黄色野菜、豆類、ナッツ類、魚介類などです。
ひとつの品目ばかり食べるとアレルギーを引き起こす心配が高まりますので、なるべくいろんな種類の食材から摂るようにし、サプリメントで補う場合は用法用量を守ってください。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ