妊活に欠かせない葉酸サプリはいつまで飲めばいい?

葉酸と言えば、妊活中の女性の飲んでいるサプリメント№1とされているくらい人気の栄養素です。
ママが妊娠に気づく前から葉酸を取ることが大切という事はご存知の方が多いと思いますが、めでたく妊娠してからも「これってやめてもいいのかな?」と疑問に思っている方も多いのではないのでしょうか。
葉酸はいつまで摂取したらよいのかを考えてみましょう。

葉酸は妊娠中には不足してはいけないのは有名ですが、具体的にどのようなことをしている栄養素なのか確認していきましょう。
まず、妊娠前のママへ葉酸は赤ちゃんが育つベットである子宮内膜を厚くしたり、着床の手助けをして受精の確立をアップさせてくれます。
その後、妊娠中のママへは、流産のリスクを低下させたり貧血の予防もしてくれます。
妊娠期は特に貧血になりやすいと言われていますので気をつけなければなりません。
妊婦検診などで、赤ちゃんの心音を聞くとトクトクととっても速い速度で血液が流れていますが、それだけ赤ちゃんを育てるためにはママの血液がたくさん使われているという事です。
赤ちゃんへの葉酸の働きは、妊娠初期だと神経管閉鎖障害を低下させる他、発育遅延を予防にも効果的とされています。
ママにとってももちろんですが、赤ちゃんの健やかな成長の為にも妊娠に気づいてから、それ以降も摂取することが望ましいと言えるのです。

では、出産後は葉酸は必要ない?ということについてですが、赤ちゃんを無事出産したらママのお腹で赤ちゃんを育てるわけではないのでもう不要なんじゃない?と思うかもしれませんが、出産後は赤ちゃんにおっぱいをあげます。
母乳はママの血液から作られていて、血液を作り出す為には葉酸は欠かせない栄養素の一つなので、出産後の母乳育児でも葉酸を多く摂取する必要性があるわけです。
特に、出産後約1週間は、初乳という少し黄色みがかった母乳がでますが、赤ちゃんの免疫力をアップさせるのに欠かせないとされていますので、しっかりと赤ちゃんの為にも母乳を作り出してあげる必要があります。

また、出産前は赤ちゃんの為に栄養バランスをしっかり考えなければ!とじっくり食材選びをしたり、手の込んだ料理を作ることが出来ますが、赤ちゃんのお世話は昼夜が無いくらい忙しいので、自分の食事はついつい適当に済ませがちです。
そうなると、ただでさえ普通の食事からはとりにくい葉酸がさらにうまく摂取出来なくなってしまうのです。
とは言っても、赤ちゃんが飲む母乳はママの体の血液から出来ているので、そんな時は手軽に飲めるサプリメントを摂取すると安心です。
母乳は1歳過ぎても飲む赤ちゃんもたくさんいますから、葉酸は妊活中から妊娠中、産後通して必要であると言えるのです。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ