妊娠中の葉酸摂取が推奨される理由

妊娠の計画を立てたら葉酸を摂取しなければならない

妊娠中は葉酸という栄養素をしっかり摂取しなければならないと言われていますが、何故必要なのかご存じですか?

葉酸はビタミンB群の一種で、胎児の神経・脳の発達に必要な栄養素です。細胞分裂に欠かせない栄養素とも言われており、妊娠初期の大事な時期に葉酸をしっかりと摂取しておかないと、大事な器官の形成ができなくなってしまいますので、【妊娠してから】ではなく【妊娠を計画しているとき】から葉酸サプリを摂取する事がオススメされるようになっているのです。

人によっては妊娠に気付くのが遅いという事もあります。妊娠初期は本当に大事な時期ですから、12週ぐらいまではしっかりと葉酸を摂取しなければなりません。

お腹の中で細胞分裂を繰り返しながら胎児は成長します。葉酸が多く含まれる食品を食べることも大切ですが、葉酸は調理過程で栄養素がなくなってしまうという事もありますので、必要な量をしっかり摂取できるサプリメントがオススメされているのです。

新しい細胞を作るために必要とされている葉酸は、赤血球の生産を助けてくれる造血ビタミンとも言われていて、代謝にも関わりがあるので発育を促すために必要な栄養素だということが言えます。

葉酸は若い女性や、これから妊娠する可能性がある方に積極的に摂取していただきたいと思います。多くの方が、妊娠発覚後に栄養を気にするという感じだと思いますが葉酸は葉の野菜に多く含まれてていますので、なるべく多くの葉酸を摂取するようにしましょう。葉酸をオススメする産婦人科も増えていますから野菜嫌いの方や妊娠中の悪阻で食べられないという方は、サプリメントで補うようにするといいでしょう。

⇒葉酸サプリランキングを参考にして選ぶ

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ