葉酸摂取の必要量と摂取期間について

葉酸サプリの摂取は時期によって必要摂取量が違う?

妊娠を計画している女性や妊娠中の方に、葉酸が必要だと言われていますが、いつ、どのぐらいを摂取した方がいいのかということはハッキリわからないという方も多いでしょう。

どの時期にどれぐらいの摂取が推進されていると思いますか?

妊活中~妊娠初期まで・・400μg
妊娠中期~後期まで・・240μg
授乳中・・100μg

必要摂取量と期間がわかれば、神経管欠損症を予防する事ができます。妊娠中は貧血になりやすいという事もありますが、葉酸を摂取する事によって貧血予防にもなりますので、すごくいい栄養素なんです。

妊娠初期は先天異常の可能性があり、神経や四肢・心臓などが作られる時期なので、こういう障害にならないためにも妊娠する前からの葉酸の摂取が推奨されています。四肢・中枢神経・心臓は妊娠10週までには完成しているので、大事な時期に葉酸が不足しないようにする事が大切です。

必要な期間だけ摂取すればいいというわけではなく、妊娠中はどうしても栄養不足になりがちですから、妊娠中期以降も必要摂取量の葉酸サプリで摂取する事をオススメします。

妊娠初期に摂取できないと意味がないというワケではありません。必要以上に神経質になるのもよくないのですが、気付いた時に摂取し始めるのも遅くはありませんし、摂取しなかったから障害がある子供が産まれるというわけではありませんので、心配し過ぎないようにしましょう。

食品で葉酸を必要量摂取するのは難しい

葉酸400μgを食品で摂取しようとすると、野菜を350g食べなければなりません。350gの野菜を食べるだけなら簡単だと思われがちなんですが、養蚕という栄養素は熱に弱いので、調理している最中に栄養素が失われてしまうので、きちんと摂取しようと考えるならサプリメントで葉酸を摂取するのが一番だといわれるようになってきているのです。

食事で葉酸を摂取することも大切ですが、400μgをしっかりと・・というのは無理がありますので、栄養補助食品に力を貸してもらうことも大切です。

できるだけサプリは飲みたくないという方もいらっしゃいますが、「葉酸摂取」を意識し過ぎるあまり、過剰なストレスとなってしまえばそれこそ問題となってしまいますので、栄養がしっかり凝縮されている葉酸サプリでバランスを整えましょう。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ