生まれてくる胎児の為に妊活中の葉酸は必須です

葉酸は水に溶けやすい性質をもつ水溶性ビタミンに分類されます。

葉酸が妊活時に摂取することを勧められている最大の理由は妊娠初期のおいて葉酸が不足すると胎児の神経管閉鎖障害のリスクが高まることにあります。
妊娠初期には胎児の正常な発育の為には妊娠していない時に比べると2倍もの葉酸が必要となるからです。
逆に言えば妊娠初期において葉酸を適量摂取することは胎児の神経管閉鎖障害のリスクを大幅に減少させることになるのです。

葉酸の神経管閉鎖障害のリスク低減については世界各国の研究ですでに実証されていますし、日本においても厚生労働省も妊娠前後の葉酸の適量の摂取を推奨しています。
日本以外の海外の国々では葉酸の摂取を義務つけているような国もあるくらいです。
葉酸がもっとも必要になるのは妊娠初期と言われていますので、妊娠を希望する人は妊娠が分かる前に葉酸を摂取し始めた方がいいでしょう。

しかし、妊娠していることが判明してから葉酸を取り始めても遅すぎるというわけでは決してありません。
葉酸は妊娠後期まで胎児の発育にいい影響を与えますし、母体に対しても貧血を防止するなどの効果が確認されているからです。
葉酸を摂取するにあたっては、葉酸サプリを活用することが必要となります。

葉酸は天然成分であるので、葉酸を含んだの食材からも摂取することができないわけではありません。
しかし、葉酸は熱に弱いという特性があるために食材を調理する過程でかなり失われてしまうことが多いことに加えて、水溶性ビタミンであることから水分に溶けやすく体に入っても水分と共に排出しやすいために体への吸収率がよくないという特徴ももっています。

なので厚生労働省が妊娠時に摂取を推奨している一日の葉酸の量は400μgであり、これをすべて食材から取ることは難しいことを考慮して、厚生労働省も葉酸サプリからの葉酸の摂取を推奨しているのです。
葉酸サプリに含有されている葉酸は体への吸収率や天然の葉酸より高いという特徴があります。
それでも、妊娠期と言うことで葉酸サプリの副作用を心配する人もいるでしょう。

葉酸サプリから摂取する葉酸はたいていは厚生労働省の推奨量の400μgを取れるようになってします。
しかし、1000μg以上の葉酸を摂取した場合には副作用が出ることもあるので、過剰な葉酸サプリの摂取は控えなければなりません。
適量の摂取で大きな副作用はないと考えられています。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ