胎児の細胞分裂や発育には葉酸が必要不可欠

葉酸が胎児の細胞分裂を助ける?

葉酸が胎児の細胞分裂を助ける

葉酸という栄養素は、受胎後の胎児の細胞分裂に必要不可欠な栄養素です。

卵子と精子が受精してすぐ、細胞分裂は始まるのですが、神経系と脳・心臓が最初に形成されます。妊娠初期は葉酸が必要というのはこのためなんですが、受精卵が人間の形になるまでほんの数週間ですから、様々なリスクを低減するためにも葉酸の必要性をしっかりと認識していただく必要があります。

すでに多くの女性が葉酸についての知識を学んでいるのではないでしょうか?まだ妊娠のことなど考えていないという若い女性にもしっかりと認識していただき、今後に備えていただきたいと思います。

妊娠中の細胞分裂は、本当に急速です。本来ならば、脊椎の管の中にあるはずの脊椎が外に出て損傷したりしているという二分脊椎症は、様々な発生部位があり、腰椎や仙椎に多いようですが、胸椎や頚椎にも発生してしまうということもありますので、運動機能に問題が生じたり、内臓機能が弱かったりという感じになってしまいますので、先天性異常の予防をする事はとても大切なことなのです。

脳の大部分が欠損し、長くは生きられないという赤ちゃんが産まれてしまうこともあります。それだけ葉酸という栄養素は大切なものですので、しっかりと葉酸を摂取し、危険を回避することを考えなければなりません。

貧血と葉酸の関係性

胎児の細胞分裂で、貧血になってしまう方もいらっしゃいます。これは葉酸の摂取で補うことができるので、やはり葉酸サプリの存在は重要です。

食事でしっかり栄養を摂っているという方も、知らずの間に栄養不足になっていることはあります。特に妊娠中は赤ちゃんに栄養を摂られてしまいますので、普段の二倍の栄養が必要になります。

葉酸もいつもの二倍必要なんですが、葉酸をしっかり吸収することができなかったりすることもありますので、吸収率が良く製造されている「葉酸サプリ」が一番効率よく摂取でき、貧血を改善してくれますので、積極的に飲んだほうがいいでしょう。

不妊治療をしながら養酸サプリを摂取する方もいらっしゃるんですが、葉酸は妊娠しやすい体作りにもいいですし、流産の防止にも効果があります。

高い年齢になって赤ちゃんが欲しいと考える方もいらっしゃいますが、葉酸サプリは流産の防止にも効果がありますし細胞の働きを助けるという役割がありますので、着床も成功させてくれると言われています。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ