食事から摂取できる葉酸だけでは足りない

葉酸の多い食品を沢山食べれば大丈夫?

現代人のライフスタイルや食生活を考えると、食事だけでは葉酸が不足してしまいます。

特に妊娠を予定している方や妊娠中の方は、食事から摂取できる葉酸だけでは全然足りないと言われていますので、サプリメントから葉酸を摂取するようにと推進されるようになっています。きちんと食事から・・とおっしゃる方も多いんですが、食品から摂取できる葉酸はとても少なく、女性の身体に必要な葉酸の量を摂るのは大変ですから葉酸サプリがオススメされるのです。

レバーなどにも葉酸はたっぷり含まれているのですが、毎日レバーを食べるとなると、ビタミンAの過剰摂取が問題となってしまいますので、そういうこともきちんと考えられている葉酸サプリが安全だと言えるのです。

妊娠中だけではなく、授乳期間も葉酸の摂取は必要となるのですが、なぜ必要かといいますと、母乳との関係性が深いためです。母乳は血液から作られています。葉酸は母乳を作るために必要な血液を作ってくれる栄養素で、貧血にならないよう予防することもできますから、妊娠後にも必要な栄養分となっているのです。

胎児がしっかりと育ち無事出産を終えれば、もう葉酸は要らないと思われがちなんですが、実はそんなことはないんですね。

産後の葉酸摂取の重要性

元気に赤ちゃんが産まれると、葉酸サプリの摂取をやめる方が多いようです。母乳をあげるならまだまだ葉酸は必要なので、続けていただきたいのですが、妊娠中に必要な量とは違います。

授乳中も葉酸サプリを摂取していると赤ちゃんに必要な葉酸もしっかり補給することができます。葉酸を摂取せずにいると、貧血になってしまったりすることもあります。

バランスのいい食事をしている方は、葉酸不足になるということはあまりないようですが、340μgの葉酸が必要となりますので、推進摂取量をしっかり摂るようにしましょう。母乳で育てると、赤ちゃんも母乳を通して葉酸の摂取ができます。赤ちゃんに栄養をとられるから・・という理由で葉酸を過剰摂取しようと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、葉酸は1日1000μgとなっていますので、摂取しすぎには注意が必要です。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ