葉酸摂取の重要性とは?

妊娠するまで葉酸と聞いても正直なところあまりピンとこないのではないでしょうか?
食べ物の栄養素としての代表格でもないし、それほど重要なものという意識はないかもしれません。
しかし、色々な雑誌や本で日常生活の気を付けるべきことの情報を集めるうちにその重要性を自覚したという方も多いんです。
葉酸は妊婦さんの必須ビタミンであり、葉酸の効果としては、妊娠初期には赤ちゃんの先天異常のリスクを軽減させること、その後の妊娠中には赤ちゃんの栄養補助や妊婦さんの貧血予防をする役割や流産を予防する効果があること、そして授乳期には母乳を通して赤ちゃんの発達障害のリスクを回避する役割を持っています。
葉酸を多く含む食材は、主に果物や野菜に多く含まれます。
例えば、ほうれん草、小松菜、ブロッコリー、アスパラガスといった緑の野菜や、イチゴ、キウイ、マンゴーといった果物などです。
納豆や豆腐といった大豆製品にも含まれていたりと食材の幅は広いかと思います。
食事から葉酸をとることはもちろん大切です。
しかし、葉酸には弱点があり、水に溶けやすく熱に弱いという性質を持っており、調理方法によっても栄養価が軽減してしまったりと、様々な食物で摂取していたとしても、なかなか1日の摂取量をとるのは難しいようです。
そこで、サプリメントを通して不足しがちな葉酸を摂取することを様々なところで推奨しています。
葉酸のサプリは沢山の種類がありますが、手始めに葉酸タブレットというお菓子感覚で食べられるサプリを選んでみても良いですね。
そのサプリは1日分の葉酸摂取量が摂れ、且つ、妊婦さんに不足しがちな鉄分やビタミンB6やビタミンB12といったものも一緒に摂れます。
サプリというと様々な添加物を気にしがちですが、妊婦さん向けということもあり、無添加なものが多くあり安心です。
栄養のバランスをとって日々の食事をすることは当たり前と言われがちですが、どうしてもつわりの時期があったりして、妊婦さんは身体の調子がそぐわないことも多々あります。
そのような時でも手軽に赤ちゃんにも妊婦さんにも良い栄養価を手軽に摂取することができれば、それに越したことはありません。
妊娠したとたんに食べてよいもの悪いものといった制限があったり、日々の生活での運動の制限など、知らず知らずのうちにストレスをためてしまう妊婦さんは多いはすですが、そういった中でも体調を見てなるべく体に良いものを摂るという姿勢が妊婦さんにも赤ちゃんの今後にも良い影響を与えるのです。

妊娠と葉酸の関係の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ