妊娠中にオススメの葉酸とはこんなにスゴイ効果があります

厚生省も妊娠中に摂取することを推奨している葉酸というのは、ビタミンB群の一種で血液や体を造る作用に関与し、不足したら貧血になると言われています。
さらに妊娠中の女性は1日0.4mgの葉酸を摂取するように勧める理由は葉酸が胎児の体や血液を造るのに必要不可欠な栄養素だからです。
また妊娠中に葉酸が不足すると赤ん坊に障害が出るリスクが高くなってしまいます。
それではどのような食品に葉酸が多く含まれているのかといえば、ほうれん草、レバー、たたみいわし、焼きのり、納豆などを挙げることが出来ます。
ただ妊娠中の女性というのは悪阻などがあって思うように食事が出来ないケースも少なくないのです。
本来妊娠中は胎児と母親の2人分の栄養を摂取する必要があるのですが、悪阻が酷い時には臭いだけでも気持ちが悪くなってしまうものです。
なので最近は様々な種類の葉酸サプリが販売されています。
これなら葉酸の摂取目安をクリアすることが出来るので、食品での摂取が難しい場合は葉酸サプリを上手に活用することをオススメします。
また葉酸の効果を紹介すると真っ先に挙げることが出来るのが赤血球の形成、エネルギーやDNAの合成です。
さらには胎児の神経管閉鎖障害のリスクの低下と言うことが出来ます。
これだけでも十分に葉酸を摂取する理由になるのですが、実はこの他にも女性に嬉しい効果があるのです。
葉酸には肌細胞を再生する働きがあるのでシミ、シワ、乾燥などの肌トラブルを改善する効果が期待できます。
さらに脂肪燃焼をサポートしたり、腸内環境の活発化、血行促進作用があります。
だから妊婦は便秘になりやすいと言われていますが、葉酸を摂取することで予防することが出来ますし、アンチエイジング効果、がんや認知症の予防効果などもあると言えます。
さらには出産後の女性の悩みの1つに女性ホルモンのバランスの乱れから抜け毛が増えるというのがあるのですが、葉酸を摂取することで予防することが出来ます。
その訳は髪の毛の元となるタンパク質を葉酸が作っているからで、出産後の抜け毛が気になる場合はそのまま葉酸サプリの摂取を続けることをオススメします。
他にも葉酸はストレスを感じる脳内物質の分泌を抑制する作用があるのでストレスを緩和する働きがあると言われています。
妊娠中は悪阻や体が思うように動かなかったり、初めてのことでいろいろな不安があると言えます。
そのストレスを減らすことは心身共に健康的な状態となり赤ん坊の為にもいいと言えます。

葉酸サプリの嬉しい効果の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ