妊娠中の悪性貧血予防のために葉酸サプリを摂取

葉酸サプリの摂取で悪性貧血を予防する事が可能

葉酸サプリで悪性貧血を予防する事ができる

悪性貧血というのは、ビタミンB12が不足して起きる貧血のことなのですが、妊婦さんは赤血球を作るのに必要なビタミンが不足しないようにと、葉酸サプリの摂取が推進されるようになっています。

ビタミンB12をしっかりと摂取していても、上手く吸収されなかったりします。妊娠中は母体にも胎児にも栄養が必要となります。しかし、悪阻で食事ができなくなってしまい、貧血となってしまうこともあるわけなんですが、妊娠初期は胎児の大事な部分が形成される時期となりますので、葉酸を摂取して悪性貧血を起こさないようにすることが大切です。

妊娠中に貧血を起こすと早産や流産になってしまうというリスクもあります。胎児の発育が遅れてしまったりする事もありますので、厚生労働省も妊婦には葉酸サプリの摂取が必要としています。

今は、定期的な妊婦検診があるので貧血気味になると鉄を補うためのお薬などを処方するようなので、深刻な貧血になることはあまりないと思うんですが、葉酸サプリを摂取する事によって胎児の発育を助けてくれますから妊娠初期から葉酸を摂取する事をオススメします。

妊娠中は貧血になる

妊娠すると大抵の方は貧血になります。鉄分不足が原因なんですが、お腹の中で赤ちゃんはすごいスピードで細胞分裂を繰り返しています。

細胞がどんどん増えているという事になるのですが、DNAを作り出すのにビタミンが必要になります。その栄養素がビタミンB12と葉酸という事になるのですが、妊婦さんが健康でいるために必要な分と、赤ちゃんが成長するために必要な分といういつもの2倍の摂取量が必要となり、いつもと同じ食事では不足してしまうため、葉酸サプリは重要です。

悪性貧血になってしまうと、一般的な貧血症状に加え、精神神経症状が出たりするらしいので注意が必要です。手足が痺れたり、口内炎や舌炎、排尿障害も現れますので、こういう症状がある場合は適切な治療が必要となります。

葉酸サプリを摂取する事によって悪性貧血も予防する事ができますので、これから妊娠する可能性がある若い女性も妊活中からしっかりと葉酸を摂取して妊娠に備えておくようにしましょう。葉酸摂取は不妊治療にもなるらしく、男性が葉酸不足で子供ができないという事もあるようなので、男女共に葉酸サプリを始めてみるといいですね。

葉酸サプリの嬉しい効果の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ