葉酸を必要量摂取して流産や早産を予防

早産や流産を予防する葉酸摂取の重要性

葉酸サプリで早産や流産の予防

妊娠中に心配な早産や流産・・。妊娠初期は流産しやすいという事もあるので、神経をすり減らしてしまうような思いをしているという方もいらっしゃいます。

しかし、妊娠初期にしっかりと葉酸を摂取すると、胎児も正常に発育し、神経系の障害の発症を予防するという効果がありますので、葉酸は流産予防にも適していると言えます。

葉酸は染色体異常の発生を抑えてくれる大切な栄養素で、女性だけではなく男性にも必要とされている栄養素なので、妊娠を希望する場合は夫婦揃って葉酸サプリを摂取した方がいいのです。

葉酸と流産は関係性が深く、しっかり摂取しないと胎児の神経管欠損症や先天性異常が起きる確率も上昇し、流産・または死産という事になってしまう原因にもなりますので予防するためにもしっかりと葉酸を摂取するようにして下さい。

葉酸が足りているかどうかわからないという方も多いんですが、妊娠すると普通の倍の量の葉酸が必要になりますので、妊娠中に必要な量を摂取できるサプリを探してみるといいでしょう。

妊娠中は400μgの葉酸が必要です。サプリメントは妊婦の必要量に合わせて作られているものが多いですから、しっかり摂取してバランスのいい食事をして元気な赤ちゃんを出産できるようにしたいですね。

どんなにいい栄養素も摂りすぎは禁物

妊娠中の必須栄養素である葉酸。お腹の中の赤ちゃんの分も必要になるので、妊娠前の倍の量を摂取しなければならないと言われていますが、摂取しすぎに注意しましょう。

葉酸摂取の上限は1000μgとなっています。平成12年ごろ、厚生労働省が「1日1000μgを超えるべきではない」と通知していますので、気をつけなければなりません。

得に副作用があるわけではありませんが、産まれてくる赤ちゃんが喘息になるというリスクも高まるという研究結果もあるようなので、注意したいところです。

体内に蓄積されない栄養素で、過剰な分は尿などから排泄されるので安心だと言われてもいますが、葉酸サプリの過剰摂取が問題視されていますので、必要摂取量を超えないように気をつけましょう。

食品から摂取できる葉酸は過剰になるということはないそうです。サプリは吸収率を良くしたものが多く、摂取しやすいという事もありますし、ビタミンB12の欠乏になっている事に気付くのが遅くなるという問題もありますので葉酸サプリを摂取する時は必要摂取量をしっかり確認し守るようにして下さい。

葉酸サプリの嬉しい効果の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ