葉酸サプリメントは薬と合わないことがある

サプリと薬の同時摂取は薬の効き目が低下してしまう

葉酸サプリは薬ではないので、服用中の薬に影響はないと思われがちですが、飲みあわせが悪い薬もありますので気を付けなければなりません。

葉酸の効果がなくなるものや、薬の効果をなくしてしまうという事もあるので、一緒に飲むのではなく、時間をずらして飲むという感じがオススメされています。

抗炎症薬・抗生物質・合成抗菌薬など、結構沢山の種類の薬が葉酸の効果を低くします。てんかんの方が服用する抗てんかん薬は、葉酸と組み合わせる事によって薬の効果をなくしてしまいますので、何か服用中のお薬がある場合は、葉酸の摂取も医師に相談してみた方がいいと思います。

葉酸はすごくいい栄養素なので、沢山の方がサプリを摂取するようになってきています。しかし、サプリは吸収率もいいので合わない薬との同時摂取には気をつけなければなりません。

また、いろんな種類の薬やサプリメントを飲むと、胃に負担がかかってしまうという事もありますので、空腹時の服用を避け、食事中の摂取がおすすめです。葉酸の吸収を阻害されてしまえば、妊活にも影響してしまいますし、妊娠中の葉酸摂取ができないという事になり、様々なリスクを高めてしまう事になりますので、しっかりと摂取できるよう考えなければなりません。

葉酸と飲み合わせの悪い薬

葉酸の吸収が抑制されてしまう薬の種類を挙げてみたいと思います。

  • アスピリン(解熱鎮痛剤)
  • クロラムフェニコール(抗生物質)
  • トリメトプリム(合成抗菌薬)
  • パンクレアチン(コレステロール降下薬)
  • スルファサラジン(抗炎症薬)
  • ピリメタミン (抗マラリヤ薬)
  • カペシタビン(抗腫瘍薬)
  • フルオロウラシル(抗腫瘍薬)
  • フェノバルビタール(抗けいれん薬)
  • コレスチラミン(胆汁酸吸収剤)
  • コレスチポル(胆汁酸吸収剤)
  • フェニトイン(抗てんかん薬)
  • バルプロ酸(抗てんかん薬)
  • ピル(経口避妊薬)
  • バルビツール(睡眠薬)
  • メトトレキサート(抗ガン剤)

意外と沢山の種類の薬が合わないと感じますが、これらの薬を飲みながら葉酸を摂取しなければならなくなった場合は、薬の服用から数時間空けて葉酸サプリを飲むことが推進されています。

不安な方はきちんと医師に相談して、どうすれば良いのかを確認してみるといいですね。妊娠中でもこういう薬を飲んでいる方はいらっしゃいます。どちらの効果もなくしてしまうという事にならないためにも、やはりしっかりとかかりつけの医師に相談してから服用するようにした方が安心ですね。

⇒「葉酸サプリガイド」トップページへ

葉酸サプリの摂取方法の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ