アレルギーを起こすリスクがある葉酸サプリ

葉酸サプリでアレルギーが起きる原因とは

葉酸サプリでアレルギーを引き起こすリスク

葉酸サプリにも数多くの種類がありますが、それぞれ違う成分で作られています。

「葉酸を摂らないと先天性異常のリスクが上がる」という理由で、予防のためにも葉酸サプリがオススメされるようになっていますが、石油が使用されている合成の葉酸サプリは生まれてくる赤ちゃんが喘息やアレルギー体質になる確率を高めてしまうので、妊婦さんは化学合成されているものを摂取してはいけないのです。

喘息やアレルギーになってしまうとすぐに治るわけではありませんし、葉酸摂取のためにそういうリスクを上げてしまうというのはおかしいと思いますので、合成されたサプリは選ばないようにした方がいいですね。

「日本製が安心」という方も多いんですが、葉酸サプリに関しては日本製を選ぶよりも「無添加」や「天然」「オーガニック」というものから選ぶようにする事が大切です。

葉酸は過剰摂取しても1000μgまでは問題ないと言われていますが、「合成葉酸」は過剰摂取するとアレルギー誘発物質となりアトピーや喘息になってしまうという事もありますので、健康のために必要とされているサプリもきちんと選ばないと大変な事になるのです。

喘息罹患率について

葉酸サプリを飲むのと飲まないのとでは、胎児の細胞分裂や神経の発達や成長に違いが出るのですが、葉酸は「過剰摂取」が問題視されています。

食品からの葉酸の過剰摂取は問題ないんですが、サプリから摂取する葉酸は過剰になるといけないといわれていますので、必要摂取量を守ることが大切です。

喘息になってしまうと、発作は夜に多いですからとてもツライ思いをします。赤ちゃんが喘息で苦しんでいる姿を思い浮かべるだけでツライと思いませんか?

しっかりと摂取量を守り、赤ちゃんの成長に悪影響なことはしないのが一番です。葉酸の摂取上限は1000μgです。免疫系が作られるのは妊娠後期となっているようで、後期の葉酸摂取は喘息のリスクを上げてしまいますので妊娠後期の葉酸摂取は気を付けた方がいかもしれません。

葉酸サプリの選び方の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ