葉酸の摂取量は時期によって異なる

妊娠中と授乳中の葉酸摂取量はどれぐらい??

妊娠中と授乳中は葉酸摂取量が違う

葉酸サプリは妊娠中も授乳中にも必要とされていますが、摂取量は違います。

妊娠中・・400μg
授乳中・・280μg

上記が目安の摂取量となります。

葉酸サプリは400μgとなっている事が多いのですが、授乳中に妊婦さんと同じ量を摂取しても得に問題はないようですから継続するといいでしょう。

葉酸は母乳を作るために必要な栄養素です。出産後は摂取しなくてもいいと思うのではなく、授乳期間もしっかり摂取して葉酸不足にならないようにしましょう。

母乳は血液から作られています。葉酸が不足し、貧血となってしまえば赤ちゃんのお世話も大変になりますので、しっかりと葉酸を摂取し母体もケアしなければなりません。多くの方が、妊娠中だけでいいという先入観をお持ちだと思いますが、授乳中もしっかりと葉酸を摂取してください。

葉酸は細胞の形成に重要だということはご存じですよね?たいていの場合子供の発育についての事だと思う方が多いでしょう。じつは、母体にとっても細胞形成が必要な時期があるのです。それは、産後です。産後は子宮の変化を修復が必要で、そのために葉酸サプリの摂取で回復を助けてもらうのが一番です。

妊娠中と授乳中の目的の違い

妊娠中も授乳中も葉酸が必要とされていますが、目的は違います。

妊娠中は、無脳症や神経管の閉鎖障害を発症させるリスクを低減するために葉酸が必要になるのですが、それ以外にも細胞分裂に欠かせない栄養素としても注目されています。

授乳中は母乳を作るために沢山の血液を必要とします。葉酸サプリは水溶性のビタミンで血液を作るための大切な材料となっています。赤血球を作るために葉酸が必要となりますから、葉酸不足になり悪性貧血を起こさないように気を着けなければなりません。

お腹の中にいる赤ちゃんを育てるために葉酸を摂取する事も大切ですが、出産後もしっかりとした母乳を作らなければなりませんので葉酸の大切さをしっかりと認識していただきたいと思います。

「母乳でしっかり育てたい」と思うママには母乳のもととなる葉酸はとても大切ですので食事からもサプリでも摂取して不足しないよう心掛けましょう。

葉酸サプリの選び方の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ