妊娠中に必要な葉酸で副作用が出る原因とは?

葉酸は妊活中・妊娠中・授乳中に欠かせない栄養素となっています。
厚生労働省は妊娠中の女性は葉酸が不足しないようにと、1日の必要摂取量は400μgをサプリメントで摂取するよう推奨しています。

しかし、葉酸は副作用が出てしまう事もあるので注意が必要です。
副作用が出る原因として「過剰摂取」を挙げることができます。

葉酸は熱や水に弱く、洗ったり加熱調理する事によって流出してしまいます。
大量の野菜を食べても摂取できる葉酸は、食べた分の50%程度しか吸収されませんので、食品から摂取できる葉酸で過剰摂取になる事はありません。
葉酸が含まれている食品を摂取するよう意識する事も大切ですが、食品から摂取できる葉酸だけでは不足してしまいますので、葉酸サプリで補っていただく必要があるのです。

過剰摂取になると副作用があるということで、サプリメントはどれぐらい摂取したらいいのか疑問に感じる方もいらっしゃるはずですが、妊娠の時期によって摂取量は異なり、初期は400μgで中期(5ヶ月以降)は240μgが目安となっています。

食品でも摂取するようにしている方は、過剰摂取になるのでは?と心配になるはずですが、1日1000μgを超えなければ副作用が起きる事はありません。

1日の摂取量が1000μgを超えてしまうと、過剰摂取となってしまい、副作用が出てしまう事になりますので、目安量をきちんと守っていただければ大丈夫です。

葉酸を過剰に摂取するとどんな副作用があるの?

葉酸による副作用はいくつか挙げられます。
・吐き気
・食欲不振
・紅斑
・むくみ
・不眠
・呼吸障害
これらは葉酸を過剰に摂取し過ぎた場合に起きる症状です。
食品だけで摂取するには不足してしまいますが、葉酸サプリは体に吸収されやすいようになっていますので、1日の目安量を超えて摂取すると過剰摂取になってしまいますから注意が必要です。
葉酸サプリは種類によって含有量が異なるため、摂取量をしっかりと確認して下さい。
また、妊娠中に葉酸を過剰に摂取すると、胎児が喘息になってしまうリスクもありますので、摂取量はきちんと守っていただくことが大切です。

天然の葉酸と合成の葉酸でも副作用は違うの?

葉酸サプリは、天然のものと合成されたものがあり、合成は良くないなんて噂を耳にする事もあるはずですが、厚生労働省が推奨しているのは合成葉酸です。
天然と合成の違いは何なのか・・という事になりますが、天然は安全で合成は体に悪いものが沢山入っているという印象がありませんか?

無添加で天然の成分だけを使って作られた葉酸の方が体に良さそうな気はしますが、天然成分でもアレルギーを起こしてしまう方もいらっしゃいますから、安全とは言い切れません。

合成葉酸は体に吸収されやすいように作られていて添加物も入っていますが、添加物というのは全てが悪いものではなく、発がん性物質が含まれているものは避けていただく必要があり、葉酸サプリのほとんどが危険性のある添加物は使用されていませんので、過剰摂取にならなければ安全です。
天然の葉酸は合わないものが入っていて、過剰摂取にならなくてもアレルギーによる副作用の症状が出てしまう可能性がありますので、成分表記はしっかりと確認するようにしましょう。

葉酸サプリで副作用を出さないために必要なこととは?

妊娠前後や授乳中に葉酸を摂取する事はとても大切なことです。
これから産まれてくる赤ちゃんを健康にするために葉酸を摂取するわけなんですが、不足しないようにと過剰に摂取してしまえば、胎児に悪影響を与えてしまうことになりますから、摂取し過ぎてしまわないよう注意するようにして下さい。

葉酸サプリは、1日の目安量は何粒なのか、1粒に含まれている葉酸の量はどれぐらいなのか記載されています。
何も確認せず摂取するのではなく、妊娠の時期に合わせながら必要な量をしっかりと確認し、正しく摂取するようにしましょう。

葉酸サプリのQ&Aの以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ